イラク関連サイト更新情報

過去のイラク関連サイト更新情報

※過去の更新情報は、左枠「Navigation」から日付を選んでごらんください。

2018年5月

  • 18.05.29 (Confluent Law Groupより)
    イラク商業代理店法(Law for the Regulation of Commercial Agency No(79))への準拠についての注意喚起

    ●商業代理店、販売店及びフランチャイズ契約に関する新要件を規定した2017年法律第79号についての最新の注意情報
    ●あらゆる商取引は2018年11月13日までに、新法に準拠している必要があります。
  • 18.05.13 (外務省HP 外務大臣談話)
    イラク国民議会選挙の実施について

    ●5月12日(現地時間),イラク共和国において第4回国民議会選挙が概ね平穏に執り行われたことを歓迎します。我が国は岩井文男駐イラク大使を団長として選挙監視活動を実施しました。
    ●今後,選挙結果の確定に至るプロセスが公正,迅速かつ平和裡に進められ,新政権が早期に発足することを期待します。また,今次選挙を契機として国民融和が進展し,イラクの安定及び復興が成就することを強く期待します。
  • 18.05.08 (外務省海外安全HP)
    イラク治安情勢(更新)

    ●国民議会選挙が5月12日に実施される予定です。ISILが投票所や投票に行く人を標的とするとの声明を出していることも踏まえ,選挙当日及びその前後の期間の外出は極力控えてください。(継続)
    ●ISILからの全土解放宣言は表明されていますが,ISIL分子によるテロが引き続き発生していることを踏まえ,警戒を強化してください。(継続)
    ●クルディスタン地域においては,同地域政府が発行する独自の査証にて滞在が認められているとの情報もありますが,同査証はイラク政府からの正式なイラク入国査証と認められてはおらず,同査証をもってクルディスタン地域以外のイラク国内に移動しようとする場合には,不法滞在となります。(継続)
    ●入国手続きは,事前の通告なく変更されることがあります。査証の取得及び入国後の査証種類別の手続きに係る最新の情報については駐日イラク大使館(03-5790-5311)及びクルディスタン地域政府外務庁(+964(0)750-446-6602)に確認してください。(継続)
  • 18.05.07 (外務省海外安全HP)
    ラマダン月の注意喚起

    ●5月15日(火)頃から6月17日(日)頃は,イスラム教のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード)に当たります。
    ●近年,ラマダン月及びその前後に世界中で多くのテロ事件が発生しています。
    ●最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には外務省の「たびレジ」を活用してください。